読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜のぶん

ネットの海に垂れ流す、クソみてぇな駄文だよ。

銀と金 感想

リリー・フランキーが不気味すぎるんだよ!(もちろん良い意味で。)

 

個人的に、日本三大怪優の1人だと思ってる。あとのお二方は、でんでんと吉田鋼太郎ね。でんでんは冷たい熱帯魚吉田鋼太郎はMOZUのイメージに引っ張られてる感じ。次点で市村正親高嶋政伸候補に上がってるかな。

全体的に顔が濃ゆいわ。

 

それはさておい、ドラマ本編。

1話を観ての感触だけれども、ちょっと説明不足な感が否めない。

池松壮亮がどうして、リリー・フランキー演じる銀次に雇われることとなったのか。ぱっとみじゃ、分かんなくね?偶然なのか、必然なのか。おいおい説明されればよろしいんだけれども。

 

世間のおっさんって、どうして横柄なのか。これは万国共通の疑問だと思ってる。たとえ、微笑みの国タイでも愛想の悪い屋台のオヤジとかいるしね。たぶん。

 

銀と金にはそんなおっさん出てこなかったけどね。むしろ全員頭下げてて、社会に、お金に敗北した弱者の姿だった。

福本作品にあまり詳しくないのだけれど、カイジやアカギとはテイストの違った福本作品って印象ですね。「.闇金ウシジマくん」に通じる感じ。

 

今の所話の流れが不明瞭なのでこの先期待して毎週録画で観ていこうと思うドラマだったなぁ。テレ東深夜のドラマ枠っぽい低予算な雰囲気がすごく伝わってきた。主要登場人物少ないし、シーンの移り変わり少なかったし。

 

あと気になったのは、主人公の名前。

「鉄雄」ってのが引っかかる。

「金」を「失」うと書いて、「鉄」っ漢字なのがなー、凄く不安を煽ってるなぁー(棒読み)

 

閑話休題

金偏の名称繋がりでこんな話も。JR東日本の正式名称(?)の東日本旅客鉄道株式会社。実はこの「鉄」の字に注目して欲しくてですね。

駅のポスター等は「鉄」が「金」を「失」うではなく、「金」に「矢」なんですよ。商品登録上は、ちゃんと鉄の字なんだけどね

 

(正直、これが言いたいがために、この文章を書き起こした。)

 

原作読んでないんで、微妙に解釈や勘違いがあるやもしれませんが、お気になさらず。駄文なもんで。