〜のぶん

ネットの海に垂れ流す、クソみてぇな駄文だよ。

本の表紙の話

前回の記事を覗いてみると、文体がまぁひどい。ですます調なのか、である調なのか。はたまた口語体なのか。

改めて、人に読ませる文章の書き方ってのを勉強しなければならないなと思う、今日この頃です。これからは、文章の内容に合わせて変えていこうかな。

 

余談はさておき、本題です。

本の表紙の話と銘打ったがそこまで深刻な話題ではありません。

僕は本屋という空間が好きで、よく行くのですが、最近ふと気付いた事があるんです。

 

ライトノベル風の表紙多くね?」

 

角川とか、メディアファクトリーさん。あなたたちですよ、あなたたち!

まぁ、この2社はラノベ部門もあるんで、微妙なラインではあるんですが。

ハヤカワSF文庫や早川書房の新刊が軒並みアニメ絵に変化していて愕然としました。(早川さんは堅実路線で進んでくれると思ってたのに。)

 

別に、僕はアニメ絵否定派ではなく、むしろ肯定派なんですよ。というか、いわゆるオタクですしね。アニメを観るし、漫画も読む。アキバにだって行きますよ。

 

でもね、それでもダメなものはダメなんです。住み分けはしっかりしてないといけないんです。

 

最近は、小説原作のアニメも増えて「響けユーフォニアム」のように大ヒットするものも出てきています。

 


元々人気のあるシリーズをアニメ化した訳なので、以前からの読者もいるがアニメ化されたことで更に新規の読者が増える。

出版社にも、作者にも嬉しいシステムになってますよね。

 

でもね、他のお客さんのことを考えて欲しいんだよ。メディアミックスの旨味をしめたのか、何もまだアニメ化さえされていない小説を巻き込むのは間違ってるんじゃない?

 

おそらく、ここ最近の読者離れの原因の一端はここにあるんじゃないだろうか?

少し検索をかけてみると、ホラー、SF、推理小説、青春モノなんかが特にその煽りを大きく受けているみたいだ。

割と多くの人が、この問題を深刻に捉えているのだ。

 

みんな、アニメ絵表紙の小説をレジに持っていくのが恥ずかしいのだ。かく言う僕もそのうちの1人だ。

まず第一に本の題名に惹かれ手に取ると、アニメ絵ってだけで評価がワンランク下がってしまう。立ち読みがしづらいからだ。

そして内容が気に入った場合、店員さんまで持っていくという第二の試練が待ち構えている。そこには、店員さんからの「ブックカバーはお付けしますか?」の声に、食い気味に反応してしまう弱い自分がいる。

無事購入したからといって、安心できたもんじゃない。ここからが勝負どころだ。

家に帰り本棚に並べる際、家族に見られないよう心掛けなければならない。我が家では、僕の家族は皆、アニメと言ったらジブリ、というような深夜アニメと縁遠い人ばかりなのだ。

そして、学校。家族に比べれば、サブカルチャーに寛容な人が多いが、僕は「何読んでるの?」の一言に肝を冷やしてしまうだろう。

あと、ドラマ化された小説に俳優の写真を起用することもやめて頂きたい。

 

僕の小説を読む際のささやかな楽しみの一つに、登場人物の容姿、声音を想像し、妄想し楽しむという醍醐味を味わうことができないからだ。ハリウッド映画の吹き替えがヘタクソだとそれだけで見る気が失せてしまう。顔に合わせた声、同じように文章にあった容姿、声音、抑揚が確かに存在しているのだ。

最近だと、ワイルドスピードメガマックスでエレナ・ネベス役を演じた武井咲の棒読み吹き替えが記憶に新しい。東宝に車で突っ込みたくなったね。

 

最後に表紙は、いわば「本の顔」だ。

本を選ぶ時、面食いな人も多かれ少なかれいるのだ。中身が大事というが、そもそも顔を見てもらえなければ、その大事な中身にすら見向きもされず興味が湧かないのだ。

 

出版社の皆様には、これ以上過剰にアニメ表紙を使用することなく、ジャンルと内容に合わせた装丁を心がけて欲しいものです。全国の読書家達の穏やかな読書生活を送るためにも。